誰にでもやってくる老後にどう備えるべき? 2000万円問題、その後。

金融・経済リテラシー

AERA dot.に、『結局、老後資金2000万円問題はどうなったのか?』を寄稿しました。

しっかりと本業に全力投入し、年金に加入した上で、無理のない範囲で(手取り年収の1割以内で)、つみたてNISAやiDeCoなどの税制優遇制度を利用して、「長期・分散・積立投資」を行うことが王道だと私は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました