普通の市民は、どの投資信託を選ぶべきか?

金融・経済リテラシー

President Online(プレジデント・オンライン)さんが、新著『金融のプロが実はやっている-最もシンプルで賢い「投資の結論」からの抜粋記事を、『金融のプロが自腹で買っている投資信託のタイプ」というタイトルで掲載してくださいました。

わが国には投資信託が6000本以上もあり、何を選べば良いのか迷うところです。それらの中から半沢直樹の黒崎検査官でお馴染みの金融庁が、個人投資家が行う「長期・分散・積立投資」に適した銘柄を絞り込んでくれています。

金融庁が「つみたてNISA」向けに推奨している銘柄の選定プロセスは、投信選択の参考になると考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました