資産運用

金融・経済リテラシー

日経平均株価31年ぶりの高値。これから取るべき投資行動とは?

日経平均株価が3万円を超え31年ぶりの高値をつけるなか、今後の投資はどうすれば良いのでしょうか? AERA.dotに『プロが教える、今必要な投資スタンス』を寄稿しました。
金融・経済リテラシー

ウォーレン・バフェット氏が妻への遺言書に記した”意外なアドバイス”

今年8月に91歳になったバフェットおじいさんは、個人資産約10兆円(世界長者番付6位)を投資だけで築いた「投資の神様」とも呼ばれる資産運用のカリスマです。(長者番付1位:Amazonのジェフ・ベゾス、2位:TESLAのイーロン・マスク、2...
金融・経済リテラシー

普通の市民は、どの投資信託を選ぶべきか?

President Online(プレジデント・オンライン)さんが、新著『金融のプロが実はやっている-最もシンプルで賢い「投資の結論」』からの抜粋記事を、『金融のプロが自腹で買っている投資信託のタイプ」というタイトルで掲載してくださいました...
金融・経済リテラシー

長期投資ムーブメントの裏にブロガーさんたちあり

PHPオンライン衆知に『大学生も「つみたてNISA、iDeCo」を語る今…インデックス投信がここまで人気な理由』を寄稿しました。 これに記載したように、日本に真っ当な長期投資(インベストメント)の概念が拡がり、税制優遇を伴う積立投資...
金融・経済リテラシー

お金持ちがますます豊かになる理由 “MPT モダン・ポートフォリオ理論”

AERA dot.に『富裕層がワインや絵画に投資する理由』というタイトルの文章を寄稿しました。 モダンポートフォリオ理論は、「昔からある伝統的な投資の知恵を、数学的に整理し直したもの」とも言え、1990年のノーベル経済学賞受賞者ハリー・マー...
金融・経済リテラシー

誰にでもやってくる老後にどう備えるべき? 2000万円問題、その後。

AERA dot.に、『結局、老後資金2000万円問題はどうなったのか?』を寄稿しました。 しっかりと本業に全力投入し、年金に加入した上で、無理のない範囲で(手取り年収の1割以内で)、つみたてNISAやiDeCoなどの税制優遇制度を...
タイトルとURLをコピーしました